ネコのみ〜ちゃん

今日の朝もネコのみ〜ちゃんは隣の空地で丸まって自分の体を自分であたためながら、まったりと眠っていました。エサをいつもの場所に置いて迎えに行きました。だっこして、エサを用意している場所まで連れて行きましたエサを用意している場所が高い位置ということもあってか、その場所に近づけるとツメをたてて、そこに飛び移ろうとするくせがついてしまいました。エサのある場所まで運んでもらって、エサを食べることができるというなんとも幸せなネコです。お姫様です。約17年前のことですが、このブログ日記の読者の方のほとんどは、ご存知だとは思いますが、阪神大震災がありました。その時に拾ってきたネコです。そんなネコですから、お姫様と言っても人間にするとおばあちゃまです。そんなおばあちゃまネコだからこそ、最近はあんまり歩いている姿をぼくは見ていません。でも、エサをやる場所が高いところなので、その場所から去る時に隣の塀に飛び移ります。そこで見せる大ジャンプ?は17年たってもかわりません。ごくたまにエサを食べに帰ってこないという若干の放浪癖はありますが、17年間連れ添っているので、いつまでも元気のままであって欲しいと願うばかりです。

大人のおもちゃって何?

ホスト 歌舞伎町 人気